インプラント

インプラントとは?

インプラントとは?

歯科の用語では「人工歯根」そのものを「インプラント」と呼んでいます。
1965年にスウェーデンの学者で応用生体工学研究所所長のペル・イングヴァール・ブローネマルク教授が 開発したチタン製のインプラントがおどろくべき成果をあげました。
虫歯や歯周病で無くなった歯の根(歯根)を人工の歯根を骨に埋め込むことにより咬み合わせを 回復させるための方法です。
事故などで歯を失った場合、一般的におこなわれているのは入れ歯やブリッジと呼ばれる方法です。
これらの方法では歯根は失われたままですが、インプラントでは歯根を再現するわけです。

なぜインプラント治療がよいのか?

なぜインプラント治療がよいのか?01

インプラント治療が可能であれば、従来の入れ歯やブリッジ(歯と歯に橋をかける)と比べると 現在の歯科治療のレベルでは最善の方法なのです。
一番の理由は他の方法では失われた歯根までは回復できないからです。
どんなに良く出来た入れ歯でも元々の天然歯の咬み合わせる力の三分の一程度でしかありません。
インプラントなら咬む力も天然歯と比べて遜色がありません。
インプラントが骨としっかり結合しているからです。

以前はインプラントの材料にも色々ありましたが、 現在では世界中の様々な研究結果からチタンという金属が最も良いとされています。 チタンという金属は外科などの医療現場で骨折の固定ボルト等ごく当たり前に使われている体に安全で 最もアレルギーの少ない金属です。
チタンは長年の臨床研究でインプラントの素材として最も安全であり、 また顎の骨としっかり結合することが確認されています。

なぜインプラント治療がよいのか?02

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根となる金属を埋め込むだけでなく、 インプラントと顎の骨がしっかり結合すれば、その金属を土台にして、天然の歯と同じような人工の 歯をつけることができます。

天然歯のような見栄えだけでなく、 これまでの入れ歯やブリッジでは満足することが難しかった「食べる」「話す」という機能も回復できるのです。

インプラントの治療を受けるのに一番大事な事は患者様自身がインプラントに対する正しい知識を持ち、 信頼できる技術と経験のある歯科医院を選択することなのです。

インプラントのメリット

  • 取り外しの義歯と違い、固定式です。
  • 残っている周りの歯を削らないで済みます。
  • 義歯のような違和感無く、会話がしやすくなります。
  • 義歯のような取り外しの煩わしさがありません。
  • 自然の歯と同じような感覚で、咬みやすくなります。

インプラント治療はこんな方におすすめします

  • 一番奥の歯が抜けていてブリッジができない方。
  • 抜けている歯の数が多くブリッジでは支えきれない方。
  • ブリッジをするために健康な歯を削りたくない方。
  • 審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある方。
  • 入れ歯の着脱がわずらわしい方。
  • 入れ歯が気持ち悪くて装着できない方。
  • 入れ歯が合わなくなってきた方。
  • 交通事故の外傷などで歯を失ってしまった方。

治療費について

  • 人工歯根(チタンの土台)は1本30万円(税別)です。
  • 人工歯根上の歯(歯冠部)は金属の歯・白い歯など様々な歯があり1本(7万円~12万円・税別)です。
  • 選択の目安にお気軽に見積を御依頼下さい。

ブローネマルクシステム

医院で使用するインプラント材料は、世界的に絶大なる信頼性と、30年以上の臨床実績を 誇る、スウェーデン・ノーベル・バイオケア社のブローネマルクシステムインプラントです。
このインプラントはこの分野での老舗で、最高峰の生体材料を使用して安全性と成功性を計っています。
また、世界中で最も高い評価を得ています。
> (株)ノーベル・バイオケア・ジャパンのブローネマルクシステムのページはこちら

人工歯根(インプラント)と入れ歯、ブリッジの違い

歯の構造

歯の構造

「歯槽骨」に埋まっている部分を「歯根部」、歯槽骨の上に出ている部分を「歯冠部」という。歯根膜は、衝撃を吸収する。

人口歯根(インプラント)

人口歯根(インプラント)

歯が抜けている部分の歯槽骨に、人工の歯根を埋め込み、 その上に義歯をかぶせる。

入れ歯

入れ歯

歯肉の上に義歯をのせたもの。両わきの健康な歯に、針金をまわして支える。

ブリッジ

ブリッジ

(1)抜けた歯の両わきの健康な歯を削る。
(2)両わきの歯の削った部分と、抜けた歯に合うような形の金属をつける。

人口歯根(インプラント)の治療法

  • あごの骨にドリルで、人工歯根を埋め込むための孔(あな)を開ける。

    1まず、歯がないところの歯肉を切開。

    2あごの骨にドリルで、人工歯根を埋め込むための孔(あな)を開ける。

  • 歯肉を縫い合わせ、歯槽骨に人工歯根がなじむように、2~3ヵ月おく。 

    3人工歯根を埋め込む。

    4歯肉を縫い合わせ、歯槽骨に人工歯根がなじむように、2~3ヵ月おく。 

  • 2~3ヶ月後、再び歯肉を切開。

    52~3ヶ月後、再び歯肉を切開。 

  • 義歯の支えとなるねじを、人工歯根の上に入れる。

    6義歯の支えとなるねじを、人工歯根の上に入れる。

  • ねじの上に、義歯をのせて完成。

    7ねじの上に、義歯をのせて完成。

いろいろな人工歯根

イメージ画像

埋め込まれた人工歯根 完成した義歯

リラックス麻酔法(静脈内鎮静法・笑気吸入鎮静法)のご案内

リラックス麻酔法(静脈内鎮静法・笑気吸入鎮静法)のご案内01
リラックス麻酔法(静脈内鎮静法・笑気吸入鎮静法)のご案内02
リラックス麻酔法(静脈内鎮静法・笑気吸入鎮静法)のご案内

リラックス麻酔法は健康保険が適応されません。当院では料金を以下のように設定しております。

治療の長さによって30,000~60,000円(税込み)
と金額が変わります。
プラス薬剤料が8,000円かかります。
お気軽にご質問、ご相談下さい。
日本歯科麻酔学会認定医 国森ひとみ

一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、予防メンテナンス、インプラント、
ホワイトニング、顎関節症、マウスガード、口臭、審美、フッ素塗布などを行っております。
その他の事でもいつでもご相談ください。
ホームページを見たとお伝えください 042 531 4129 月曜~金曜   9:00~13:00 14:30~18:00 19:00~22:00 土曜・日曜・祝日   9:00~13:00 14:30~18:00ホームページを見たとお伝えください 042 531 4129 月曜~金曜   9:00~13:00 14:30~18:00 19:00~22:00 土曜・日曜・祝日   9:00~13:00 14:30~18:00