eight月に入りました。
暑さもいよいよこれからがピークsunsunsun 熱中症に気を付けたいですね。

真夏の閉め切った部屋にエアコンを切ったままでいて、熱中症で倒れる、という事例が毎年報道されます。
加齢や甲状腺の機能の低下などが原因で、暑さを感じる機能が正常に動かなくなることがあるのですflair

特に、ご高齢者の場合、熱中症死亡者の多くは屋内で死亡するというデータもあります。
それも、17:00~5:00の夜中が3割なのだとかcrying
空調の活用や水分補給を十分に行うようにしましょうwink

さて、私たちの歯科医院ではこの時期、歯茎が腫れて痛いと、急患で来院される患者様が多くなる傾向にあります。
夏バテや、寝苦しい夜の睡眠不足などで体力を消耗し、免疫力の低下をきたすと、口腔内の炎症も起こりやすくなりますshock
冷えたビールがおいしく、ついつい飲みすぎてしまい、きちんと歯磨きをしないまま就寝sleepyなんてことのないように注意しましょう。

文責:院長 浅谷佳秀

西砂歯科医院